育児 正解 育て方

二人目、三人目を妊娠中。上の子への接し方

 

 

三姉妹を育てていますが、それぞれの妊娠期を過ごしました。長女は全く悪阻もなく、穏やかに過ごすことが出来ました。しかし、二人目を妊娠した時は悪阻もあり些細な事で怒ってしまったりイライラして日々を過ごしました。家事をするのも辛くなり、部屋が汚くなるとすぐイライラしてしまい、長女に理不尽な怒りかたをしてしまい自己嫌悪の日々でした。三人目を妊娠した時は妊娠初期は動く事も出来ず、子供達に寂しい思いをさせてしまい、食事も手を掛けてやることが出来なくなり、簡単なもので済ませることが多かったのです。主人も仕事が忙しく、近所に助けを求めることも出来ず、妊娠は嬉しいことなのに、心に余裕がなく常に追い詰められている感覚がして、涙を流していました。今となればマタニティーブルーだったのだと考えることが出来ますが、当時は考える事もできず、長女や次女に辛く当たってしまい、家事の出来ないイライラから主人にも辛く当たってしまいました。

二人目育児 姉妹の育て方 マタニティーブルー

 

 

自己嫌悪に陥る度に実母や実姉に電話してただ愚痴を聞いてもらっていました。そして、二人目育児や姉妹の育て方を検索し、読んでいました。そこで、私は私だけが頑張っているんだと勘違いしていたのに気付きました。長女に対して手の掛からない子だと思っていましたが、私がそうしてしまったのだと気付かされた時、素直に長女にごめんなさい。と謝りました。貴方もお母さんがイライラしてるから辛かったよね。と聞いたら涙を流しながら私を抱きしめてくれました。こんなに小さい身体にどれだけの我慢を強いてきたのかと、本当に情けなくなり、その日は長女をずっと膝に抱いていました。それからはなるべく長女を気にかけ、長女と二人で買い物に行ったり遊びに行ったりしました。三人も居るとなかなか一人づつの時間が取れないし、どうしても一番下の子に手が掛かってしまい、上の子供達には寂しい思いをさせているかもしれません。なので、主人に話をしてたまに長女だけの時間、次女だけの時間と短い時間ですが時間を取るようにしています。

 

育児に正解はないので、色々調べその中で自分に合う育児をしていけたらと思います

こんな記事も読まれています